忍野八海

忍野八海 富士山と湧水の里

忍野八海って? 忍野八海を歩く フォトギャラリー 富士山ライブカメラ
先頭ページ > 忍野八海を歩く | お釜池 | 銚子池 | 濁池 | 湧池 | 鏡池 | 菖蒲池 | 底抜池 | 出口池
 
富士山と湧水の里 忍野八海
忍野八海周辺図

国指定天然記念物 指定年月日 昭和9年5月1日

 忍野八海は、富士山からの伏流水に水源を発するといわれる八つの湧水池(湧池、出口池、お釜池、濁池、鏡池、菖蒲池、底抜池、銚子池)から構成されている。
 現在の八海は、それぞれ湧水量は異なって、ほとんど沼地化したところもあって八つの池が全部昔の面影をとどめていない。
また、八海から湧出した水は、桂川の最上流の水源地として遠くは相模湖まで通じ、京浜地方の大切な給水源として大きな役割を果たしている。
 なお、忍野八海の湧水は、富士山の高地に降った雪や雨が、古いものは、20年以上の時間をかけ、地下水としてロ過されてきたものであり、池の水はいつも澄んでいる。他の富士五湖の湖底からも湧水が確認されているが、忍野八海の池はまさに湖底の噴出口が表面に出てきたものである。
 昭和60年には、水質や水量、保全状況や景観に優れ、古くから地域住民に親しまれているということで、環境庁より全国名水百選に選定。

忍野浅間神社 水車風景の池本 桂川と富士山
神社近くの桜並木 水車小屋 忍野の風景
 
 
先頭ページ | 忍野八海って? | 忍野八海を歩く | フォトギャラリー | 富士山ライブカメラ | 忍野八海池本 | 忍野観光情報 | 富士五湖情報