忍野八海

忍野八海 富士山と湧水の里

忍野八海って? 忍野八海を歩く フォトギャラリー 富士山ライブカメラ
先頭ページ > 忍野八海を歩く | お釜池 | 銚子池 | 濁池 | 湧池 | 鏡池 | 菖蒲池 | 底抜池 | 出口池
 
富士山と湧水の里 忍野八海
出口池
面積:1,467 m²
水深:約0.5 m
水温:12.5 ℃
湧水量:0.265 m³/秒
水素イオン濃度:7.2
忍野八海中、最も広い面積の池。自然的景観の比較的残っている湧水池
忍野八海 出口池
 伝説 この他の湧水は、富士山の雪がとけて地下にしみとおって、ほこりっぼいこの世とはかかわりなく湧き出す水なので「清浄な霊水」と呼ばれ、富士登山をする行者や道者たちはこの水でけがれをはらい、登山し、また、この水を掩えることにより無事登山することができると、苦からの言い伝えがあり、堅く信じられてきていました。 このようなことから、この池の別名を精進池ともいったということです。
 石碑には「あめつちの ひらける時にうこきなき おやまのみつの 出口たうとき」との和歌が刻まれ、八海めぐり忍草第一番の霊場として難陀竜王が祭られています。

出口池の丘の上に出口稲荷社が建っています。

 
 
先頭ページ | 忍野八海って? | 忍野八海を歩く | フォトギャラリー | 富士山ライブカメラ | 忍野八海池本 | 忍野観光情報 | 富士五湖情報